レインソング

冷たい冬の帰り道 二人で歩いていた
破れた空の隙間から 季節はずれの雨が降る
寒さに少し震えながら 足早に歩いたけど
あなたが消えてしまいそうで 時々後ろを何度も振り返る

夢の中では確かに好きだと言えたのに
あなたの前じゃいつも素直になれない
本当はいつだってあなたに会いたいけれど
時間はそれを許さないだろう

ふと目を覚ました真夜中に雨は上がっていた
震える身体を抱いたとき
あなたを失ってはいけないような気がしてた

向い風はいつも強く 今の二人じゃ前に進めない
僕は耳を塞いだまま 何度もあなたの名前を呼んでいた

過ぎ行く時間はいつも絶望と希望をくれる
僕は僕だけの為に走り続けてきたけど
大切な時はいつもあなたがそこに居て
もうすぐ三度目の季節が来ようとしてるけど
誰より優しいあなたはいつかさよならを告げる
時間はそれを許さないだろう

ふと目を覚ました真夜中に雨は上がっていた
震える身体を抱いたとき
あなたを失ってはいけないような気がしてた


戻る

inserted by FC2 system